オーダーカーテンは欧州からの輸入生地や織の緻密さに刺繍によって費用相場が跳ね上がる

投稿者: | 2022年6月27日

オーダーカーテンの平均的な相場は?何で決まる?

オーダーカーテンは高級品というイメージを持つ人も少なくありませんが、必ずしもそのようなことはありません。
既製品とほぼ変わらない値段の物もあるため、必ずしも高級品とはならないといいます。
例えば2mの掃き出し窓へ取り付けるオーダーカーテンを購入する場合、1万円から100万円を超えるものまであるため、非常に幅があるのが特徴です。

なぜここまで幅のある金額になるのでしょうか。
その理由となるのは、オーダーカーテンの布地です。
オーダーカーテンの布地は国産以外にも輸入生地を使っていることがあります。
すべての国産品が安いわけではありませんが、輸入の生地よりも国内産の生地のほうが相場よりも割安となっていることは多いです。
海外製の布地を使ってオーダーカーテンを作る場合には、相場よりも割高となる可能性が高いことを理解してから利用してください。
購入前にオーダーカーテンを扱う業者に見積もりをもらい、納得したうえで依頼することが重要となります。

なぜ輸入生地は高額となる傾向があるのか

輸入生地のオーダーカーテンが相場よりも高額となる理由の一つに、輸入上のコストがあげられています。
輸入生地は海外から日本へ持ち運ぶ際の輸送費が必要となるため、相場よりも割高となる傾向が高いです。
また、素材やデザイン性により相場よりも高額となることが多くなります。
化学素材よりも天然素材を使用している物のほうが圧倒的に値段が高く、非常に繊細な作りとなっていることが多いです。

なお、布の織ってある密度や緻密さにより、金額が跳ね上がる可能性はあります。
特に地域で伝統工芸品とされている布地を使って作られている物の場合には、非常に高額です。
布の織り方ももちろんですが、更にその上に手作業で刺しゅうを施されていると、100万円を超えていてもおかしくない布地が完成します。
100万円を超える可能性のある布を使ってオーダーカーテンを作ることで、費用が驚くほど跳ね上がる可能性が高いです。
布の品質や歯周などについても調べてから依頼しましょう。

まとめ

オーダーカーテンは国内産の生地だけではなく、海外産も魅力的です。
作る時には自分たちの希望しているイメージに合う布地を選んで制作を依頼することが重要となります。
日本国内だけではなく、海外の物を活用して作ることのコストなどをも重視し、希望している物を造り上げることが大切です。
事前に業者に複数の布地で見積もりを依頼し、比較をしたうえで納得できる布地を選んで依頼することで、満足できるオーダーカーテンを作ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です